JUNK LOG

アニメ・BL・動画・読書記・美肌考など

【嵐CD・DVD サーチ 全面表示】

嵐 CD・DVD特集  / 防災グッズストア  / Amazon ベビー服SALE  / BL検索(コミック・ノベル)

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ボールルームへようこそ」アニメ始まった!



 何年か前に読んでから、いつかはアニメ化するだろうなと踏んでいた作品、竹内友著『ボールルームへようこそ』のアニメが始まりました!
 私は近年になって甥っ子の為にアニメを観るようになったので、前と比べれば大分声優さんとかアニメの知識は入ってきたのですが、アニメが始まる前から製作側のチェックをするほどのガチ度ではありませんので、普通に録画をして一話を観ました。
 ですが、アニメ修行の成果がここに。
 オープニングに入る前の導入部分で、「あれ、ハイキューぽいな」と思い、オープニングを見て確信。LGの文字を見て「ああ、やっぱり!」と思うほどには調教されていました(笑)
 アニメーションの手法がとにかくハイキューっぽいんですよね。キャラクターもハイキューと被る雰囲気があるというか。
 とはいえ、「ボールルームへようこそ」の絵柄は本当に緻密に再現されていて、背景もキャラクターも動きも、「流石、ハイキュー制作の会社!」と嬉しくなる程のクオリティで、好きな作品だけに、良いアニメ化になりそうで良かった! と導入部分で一安心しました。

 内容は、原作と少し変えてきている部分もありましたが、流れ的にはほぼ原作通りでしたね。
 2クール25話やるそうなので、ダンス部分の作画が心配です……じゃなくて、作画班が心配です(笑)

 ただ、アニメの出来には拍手しかないのですが、キャラクターの声だけは私の理想通りではありませんでした。(当たり前ですが。)
 いえ、私的にこの声優さんが良い、と思って当てはめていたキャラクターは一人も居なかったんです。勝手に想像するより、プロが当てはめた声優さんの方が良いでしょうし。
 ただ、声優さんと配役されたキャラクターとの親和性というか……声とキャラクターの脳内バランスが、ちょっと違ったなぁと。
 で、エンディングで声優さんをチェックして観ると、多々良くんが……ん? 知らない声優さん。(調べてみたら、お姉さんが女優の土屋太鳳さんらしいですね) 新人さんなのかな? でも多々良くんの声は、あの人かこの人が良かったなぁ……。
 で、気になったのは、仙石さん。森川さんっぽい声だったけど……あ、やっぱり森川智之さんだった!!
 う、うーん。森川さんの声がもう本当に大好きで、森川さんのイケメン声を充てられたキャラクターってだけで好きになっちゃいそうな勢いの私なのですが、仙石さんはもっと若くてヤンチャでチャライけど筋が通った声のイメージでした……orz
 森川さんだと重厚過ぎるというか……。で、でも、きっと慣れると思います。
 もう少し詳しい情報を、という事でウィキペディアを見てみると……(゜゜;)エエッ、兵藤清春役が、岡本信彦さん……です、か……?
 え……こっちもイメージじゃない……な。岡本さんといえばハイキューのあのキャラクターのイメージが強いので……(アクマで私の中での話です;;)

 このアニメ、素晴らしい出来だと思っていますが、声優さんだけが適材適所じゃないような気が……。
 いえ、本当にアクマで私の好みだけの問題なので、作者先生の意向とかは存じ上げずに生意気で勝手な事を綴っているのですが;;;
 こういうのは本当に個人個人の好みになってしまうと思いますので、これ以上は黙ります……。

 ともかく、2クールやるという事は、ちーちゃん編までやるということですよね。きっと。
 アニメ化に当たり、熟成(続けて読みたいので新刊が出ても読まない戦法)させておいた漫画を9巻まで読みましたが、切りのいいところでは無かったのでどこまでやるのかなと。 

 何だか好き勝手に色々書きましたが……。
 好きな作品を、信頼のおける素敵なアニメ会社が作るアニメを、今後はただひたすら楽しんで見守りたいと思っています!



Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

「うどんの国の金色毛鞠」のポコちゃんが男の子の理由を考察

  


 地上波でやっていない地域なので、BSにて、ようやく、本当にようやく第1話を視聴出来ました!!!(遅!!)
 二週間遅れとか……。(^_^メ)

 テレビアニメの第一話は、原作とは少し違う展開でしたね。
 顔見せ要素が強くなっていましたし、話が進むにつれ重要になってくる要素を小出ししてくれてました(笑)
 追加の小出し要素以外は意外にも原作の第二話までしか話が進んでない……。

 四国は親の実家があったので、三才くらいの頃に一度行った事があるようですが、香川でもなかったですし、うどんを食べた記憶もないですし、四国の事全く何にも知らないですし……。
 という事を、この原作コミックを読みながら思った私です(笑)
 ちなみに祖父母もこちらへ引っ越した後、数年後に亡くなりましたし(私が学生の頃)、実家は残ってないです。
 親から、年越しにそばではなくうどんを食べると聞いたのですが本当でしょうか……。

 閑話休題。
 ここではアニメや原作の感想ではなく、ポコちゃんが何故男の子設定なのか、というのを原作を読んだ時から考えていたので、ちょこっとメモっておこうかと。
 と言うのも、私が最初に原作本の表紙を見た時、「あ……これは萌え用の女の子だな。しかも幼女か……」と思った覚えがあり、当然女の子だろうと思って読んでいたからです。
 可愛ければどちらでも良いのですが、アニメになった時に、コメントや感想スレで「幼女」連呼を見るのがどうしても好きになれないので、男の子だったらいいなぁとは思ってました。(男の子の場合はショタ連呼されるかも知れませんが)
 そしたら、予想に反して「男の子」だったので、「??(´・∀・`)ヘー?」と思ったんです。
 女の子にした方が、この作者さんも儲かるんじゃないかと……(下世話過ぎる……)
 女性作者なので、ポコちゃんを男の子に設定したのかな、とか色々考えましたが、考えている内に、ポコちゃんを女の子にするよりも、男の子に設定した方がお得な点が沢山あるなと思いました。
 それを簡単に以下。

【ポコが男の子だと良い点】

  • まず第一に、これは香川の観光PR作品(に限りなく近い)ので健全視点を重視

  •  そこから考えると。
  • 親子ではないので、幼女連れ去り事案扱いされかねない(笑)

  • 親子でもないのに、幼女を育てるのは何だか危険な香りがする(笑)

  • 親子でもないのに、一緒に寝たり、着替えたりするには男の子の方が都合が良い

  •  そして何より!!
  • 親子でもないのに、一緒にお風呂に入る⇒同性同士の方が外野が騒がない

  • (親友の)中島忍&その父親と一緒に温泉にも入るけど男の子だからノープロ!

  • 男女だったら温泉回で別々の場面を描かなきゃならない⇒ 一緒に楽しむ光景を描けない(ただでさえ今後も香川の観光地を巡るのに)

  • (漫画でもそうだけど特に)アニメになった時、親子でも男親が女児と一緒にお風呂に入るだけで有罪になる国があるくらいだから、女児だったら必ず問題視される


 という点から、ポコちゃんが可愛らしい外見をしているのに、男の子という設定をした原作者の采配には、「GJ!!」と言わざるを得ません(笑)

 昔の日本アニメだったら、例え他人でも、成人男子が幼い女の子(化け狸だとしても)をお風呂に入れる描写はノープロブレムだったと思います。
 ですが、今は日本でしか公開されないアニメだとしても、そういう描写は眉を顰められるかも知れません。
 それどころか、アニメを英語翻訳して配信しなければならなくなった時代です。
 ポコちゃんが人外の存在であっても、女の子であった場合は、主人公が女性でなければ、自由に物語を動かせなくなります。
 主人公が成人男性であるからこそ、ポコちゃんも男の子でないと色々と面倒臭い……。

 アニメを楽しまれている男性視聴者からすると、「何で男の子(オス)なんだよOH……」と思われる方も多いと思いますが、私は「ポコちゃんが男の子だから(外野の声を気にせず)安心して観られる!」と思いました(笑)

 
【ニコニコ動画一話無料】



  
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

「ユーリ!!! on ICE」第二話をようやく観れた!!!




<ニコニコ動画> ※第二話以降有料

 ※タイムシフト予約をすれば一回限り無料で視聴可。(期限有)


 地方の場合はBSでの放映を待たないといけないのが物凄ーーーく辛いです!!!
 日曜の夜中放映の番組録画を月曜になってようやく観られました!!! 長かった!!!(泣)
 と言っても、私はニコニコ動画のタイムシフト予約をしているので、観ようと思えばいつでも観られたんです。でも、月曜日に第一話を観て、木曜日にニコニコ動画を観てしまったら、次の月曜日にBSで放映された番組を楽しめないかも! というのと、やっぱり最初はテレビで観たい! というのと、タイムシフトは無料会員が観るにはキツい!!(それを初回視聴にしたくない!)等という思いが交錯して、頑張って待つことにしました……長かった……( -.-) =зフウー
 まぁ、探せばネットの海の中で最新話を見付けられるでしょうが、私の中ではとっくに、「ユーリ!!! on ICE」はそんな風に軽々しく観るものではなくなってしまったので、とにかく動かざること山の如しの体で待ってました……。

 今日、ようやく第二話を観られた訳ですが……。
 もう既に三回繰り返して観ました。あ、OPに至っては何度見返したか分かりません(笑)
 OP映像、彩色がやたら鮮やかになって、しかも色々付け足されていましたね!!! ビックリしました!!
 第一話はOPも本編も、もう少し自然色に近いというか、くすんだ色合いで劇場版のように作られていたように見えましたが、第二話からはテレビアニメ色になったなぁという印象でした。ヴィクトルのヌードも淡い色からハッキリした色になってましたよね??(笑)

 そして、OPといえばあの曲。
 前回のブログ更新時にはamazonに置いて無かった、DEAN FUJIOKA氏の『History Maker』ですが、ようやく発見!! 高評価で、既に多数コメントも付いています。

 それにしても、二話も熱い展開でしたね……ムネアツです。
 今期はスポーツアニメが多いと言われていますが、私にとってはユーリが一番熱いです!!
 感想は、もう面白かった、最高でした、としか言えないです。もう、可愛過ぎかよ……と言いたくなるだけでしたね。ヴィクトルとユリオくんに大層萌えさせていただきましたが、萌えはあくまでスパイスで、スケーティングの美しさ、所作の華麗さ、表情の繊細さに「OMG!!」と天を仰ぐ勢いでした(笑) 本当に本当に美しい!!!

 このアニメの凄い所は、スケーティングをCGではなく手書きで、というこだわりだと思いますが、アニメーションの繊細さに併せて、滑走する場所においての氷上の音の違い、そして音楽(豪華!)、振付(本家!)、それらを氷の下に置いて滑る魅力的なキャラクター、という全てが揃っているからこそ、総合的な芸術性を感じて感動してしまうんです。
 アニメ的な話の面白さ、デフォルメの可愛さ、キャラクターの奔放さは勿論重要です。最重要です。それに付随して、こだわり抜いたスケーティングをサラッと入れているのが、もう本当に贅沢な気がして、どこを切り取っても楽しめる作品になっています。

 お恥ずかしい話ですが、私は「ユーリ!!! on ICE」のOPを毎日何度も見返していますが、その日、最初に観る時には、必ず涙ぐんでしまうくらい感動します。
 今日は第二話をようやく視聴できたので、第一話のOPとの配色や背景の違いを交互に見比べて楽しみました。
 でも、そういった驚きよりも、第一話のシンプルなOPの配色でもう充分感動していまいます。冒頭の「聴こえるか(訳詩)」という歌詞を耳にし、ユーリが耳を澄ませる仕草をする場面を観るだけで、もう涙ぐんでしまうくらい感動していまいます。

「ユーリ!!! on ICE」を2回観終わった後は、いそいそとネットで反応スレを4つ程見比べ、その後で海外の反応を探して読み、そこにあった見解に笑ったり、首を捻ったりしながらも、新たな発見をしてまた楽しんでいます。
 その後で、もう一度テレビを見返し、寝る前にニコニコ動画をコメント目当てに見に行く……そういう感じです(笑)

 第二話まではテレビで観たいと我慢していましたが、並行して我慢しなければならなかったのが、pixivでファンアートを観る事、でした(笑)
 pixivなんて、ここ数か月、思い出しもしなかったのに、ドハマりした途端に他の人の感想やらファンアートが気になって、小躍りして観始めたところで、第二話、だったので……ネタバレ禁止の為に、封印してました。今日から2,3日は覗きに行ける……(T-T*)フフフ…


 しかしこの一週間、BSで放送されるのを待つのが予想以上にキツかったので、第三話からは先にネットで観てしまうかも知れません……。
 どちらにしろ、最終話まで全力で見守る所存です!!



<第一話は試聴無料>

 ※観る度にコメントが違うので、こっちも既に何度も視聴しています(笑)



Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

「ユーリ!!! on ICE」にドハマりしてしまって恐い

  

<参照URL>
 ■TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」公式サイト
 ■ユーリ!!! on ICE 1話 「なんのピロシキ!! 涙のグランプリファイナル」 海外の感想【簡易版】 :かいがいの
 ■ユーリ!!! on ICE OP/ED 海外の感想 :かいがいの


 いやぁ……冬期アニメのチェックをした時、初めてのフィギュアスケートアニメがやるという情報は得ていたのですが、実はそれほど期待していませんでした。
 フィギュアスケートの動きをアニメで再現するだけでも大変だろうなと思いましたし、本格フィギュアというより、人間成長物語だろうなと。
 それに、キャラクターがどうなるかも分かりませんでしたし(そこまで事前チェックはしてませんでした)、過度な期待はせず、ただ一話チェックの為と、フィギュアスケートが(知識もなくただ観るのが)好きだという理由だけで観たのです。私の地方ではBSでしかやってませんので、周回遅れになりますが。
 ただ、ディーンフジオカ氏が歌の提供をされていることは知っていました。俳優だという認識しかなかった方ですので、アニメ主題歌を歌われるという事に目をパチクリさせましたが、私の事前情報はそれくらいでした。本当に。
 ですから、録画していたアニメを見たのも、他の録画の後回し的な感じでして。
 とはいえ、録画日(深夜)の翌日には早速視聴したと思います。
 そしたら……。

 OPからすっかり魂を抜かれてしまったとかどういうことなんでしょうかぁあああああ!!!!!???o(;>△<)Oぎゃあぁぁぁぁぁーーーーーっ!!!

 ……。
 ……。
 とにかく、あのアニメ……本当に凄いです。予想の遥か斜め上でした……。

 上で紹介したURLは海外の感想ですが、OP・ED繰り返し視聴リピート、ものっすっごくよく分かります!!
 普段、アニメでもドラマでも、OPやEDは飛ばす私が、とりあえずOPは3回くらいリピートしてから本編⇒ フィギュアスケートシーンを食い入るように観る⇒ 温泉シーンをリピート(笑)⇒ EDを2回はリピート。
 というのを、毎日やっております

 初回を初めて観た日はOPから本編&EDを三回は観ました。その後、感想スレまとめを徘徊し、翌日にはビデオを当然のように繰り返し観た後で、PCに移動してニコニコ動画でもコメント付きで観ました。コメントを読むために何度も停止し、「●REC」コメ場面では何度もリピートして観ました(笑)

 もう……ストーリーも、登場人物も、世界観も、背景を含むアニメーションの本気度も、振付は勿論衣装も何もかも……最高過ぎて言葉になりません!!!!
 私は小さなころから美しい物を観るのが好きで、小学生の頃から日曜美術館やら西洋美術番組やら、美しい少女マンガやら……そう言えば幼稚園から小学校低学年までその美しさに魅了されてバレエをやりたいと親に懇願するも却下されたりするくらい、とにかく美しい物事が大好きなのです。
 その私にとって、眼福としか言いようのないこのアニメ……(´;ェ;`)ウゥ・・・嬉し過ぎて毎日毎日四六時中このアートスタイルの美しさを讃嘆しつつも思い出してはため息をついています。幸せ過ぎるアニメです!!

 しかも、最近ご無沙汰だったpixivさんにもお邪魔して、「まだ一話しか公開されてないし、そんなにないだろうなぁ」と思いながら検索したところ……ビックリするくらいヒットして笑いました(笑)
 例えば、「ヴィクトル・ニキフォロフ」で検索するだけでも、終わりが見えないくらいイラストが投稿されています!(驚)
 私は、宇宙兄弟と、ワンパンマンと、アルスラーン戦記にハマっていた時、よくpixivで検索してイラストや漫画を楽しんだものですが、その頃の投稿の勢いと比べてもぶっちぎりの投稿数です!(まだ一話しか公開されていなかった時点での話)
 凄さが分かるのが、このタグです⇒ 「ユーリオンアイス500users入り」及び、「ユーリオンアイス1000users入り
 私が観てきたのは、それ程マイナーなジャンルでは無かったと思いますが、それらのジャンルで一番勢いがあったピーク時の投稿数・お気に入り数を思い出して比べてみても、寄せ付けないくらいの勢いだと思います。
 本当に凄いな、「ユーリ!!! on ICE」……。

 第二話も公開されたようですね。
 でも、地方組は来週までお預けです……(´;ェ;`)ウゥ・・・





  
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

2016年秋期アニメ第一話視聴

ユーリ!!! on ICE


※amazonで一話無料配信⇒『ユーリ!!! on ICE

 今期一番……というか、久々にアニメを見て興奮し感動に打ち震えました!!!
 な、な、な……何ですかあの作画!!! 本当にフィギュアスケートを見ている気分でした。
 ディーン・フジオカ氏がOPを歌っていらっしゃいますが、OPもEDも世界観が素晴らしいアニメで、眼福でした!!!
 やっぱり私、フィギュアスケートが大好きだぁああ!!!! と改めて思い知った気がしました。
 あまりに興奮し、感動し、アートスタイルに感服し、ギャグパートで一息つき、スケーティングに息をのみ、美しいアスリート男性の肢体に打ち震え、お洒落なエンディングでノックアウトされるという、たった一話がジェットコースターでした……本当にノックアウトされました……!!!
 最近、アニメ映画が隆盛を誇っていますが、このアニメを最初から劇場版で作って公開していたら、どの映画よりも入場者数が見込めたのではないかと思った程クオリティの高い、高い志を持った、野心的でありながらも美しいアニメスタイルを見せて頂いた気持ちです。スタッフの皆さま有難うございます!!!
 ただ私は原案の久保ミツロウ先生? という方を存じ上げないので、時々見掛ける「ストーリー尻すぼみ説」にも打ち震えているのですが……(´-∀-`;)
 とにかく、今一番期待していて楽しみにしているアニメです!!!




【All Out!!】

 高校ラグビーの話ですね。花園を目指すストーリーという事で良いでしょうか。
 個人的に高校ラグビーとは縁があり、原作は存じ上げないまま視聴しました。面白いかどうかはちょっとまだよく分かりませんでしたが、ラグビーのルールもろくに知らない私でも楽しめる内容だったらいいなと期待しています。
 細谷佳正さんの声が良いです!!


【ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校】

 ハイキューは第一期の時にアニメで知った作品なのですが、それからずっと追いかけています。
 普通に良い作品ですよね。特別な技が出てくるわけでもなく、普通に頑張る高校生の話で。
 セーラームーンもエヴァンゲリオンも知らないような私がアニメをチェックするようになったのは、甥っ子の情操教育の為だったのですが、ハイキューは正に甥っ子に観て貰いたい作品でしたので、DVDに焼いて届けています(笑)
 そしたら中学生になった甥っ子2号が、それまで少年野球とサッカーをやってきたのにもかかわらず、突然部活でバレーをやると言い始めたのには驚きました!!! ハイキューの影響、凄いです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


【私がモテてどうすんだ】

 これは漫画の方を先に読んでいました。BL作家さんの作品ですが、この方のBL作品って……というイメージでしたので、少女漫画の方が面白いなと思って読んでいたのですが、それもそのはず。漫画の(アシスタントをしていた)師匠がアドバイザーという事みたいですね!
 アニメは殆ど漫画通りの展開だったのですが、声優さんの演技が凄くて笑いっぱなしでした(笑)
 ただ、六見先輩の声は細谷佳正さんが良かったぁああああ!!!!(個人的願望)
 ……と思っていたら、原作に付いていたドラマCDで既に出られていたんですね。五十嵐祐輔役で……えっ、マジで……。そりゃアニメには出ないわ……。
 六見先輩のお兄さん役は櫻井孝宏さんが良かったなぁ、と思っていたら、櫻井さんがドラマCDの六見役だったんですね……(≡д≡) ガーン


【3月のライオン】

 原作は知らずに観ました。NHKがバンバン宣伝をしまくっているので、とりあえずといった気持ちで。
 一話を観た感想としては、作り込まれたアニメだなぁという印象でした。ストーリーはちょっと「ちはやふる」みたいなイメージを持ちました。(原作を知らないので)
 私はこの作者の漫画もアニメも実写映画も観たことが無いのですが、何故か何となく苦手意識のある作家さんなので、今後も見続けるかどうかは不明です。アニメの出来は素晴らしかったですが、どうも三姉妹を好きになれず、主人公の人柄がつかめず、世界観に入っていきにくい感じがしたので……。(´ヘ`;) う〜ん・・・
 これは好みの問題ですね。でもしばらくは見続けるつもりです。


【夏目友人帳 伍】

 アニメは相変わらず安定していますね。と言っても、第三期までしか観ていないのですが。(しかも第三期から見始めてアニメと原作をさかのぼりました)
 原作は8割方読んだと思います。ちょっと前のことなので内容があやふやではありますが、この話はどこから読んでも(見ても)良いように出来ていますから(新キャラは出てきますけれども)、安心して観られますね。


【ナンバカ】

 正直に申し上げると、世界観がよく分かりませんでした(笑) ハイテンションコメディ? なのかな??
 シリアスパートになると面白くなる、とネットの誰かが言ってましたので、次回は観ようかなぁと思っている所ですが、ちょっと……分かりません(^-^;


【一話で断念したもの】
TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-
刀剣乱舞-花丸-
 両方とも、世界観に全く付いていけませんでした……。


【まだ観ていないもの】
・うどんの国の金色毛鞠
・ドリフターズ
 「うどん〜」は原作を読んで楽しみにしているアニメです。BSで放送されるのを待ってます(笑)

-------

 こんな感じです。

Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

今度は「ワンパンマン」にハマる。

  
  

 アニメに全く詳しくなかったのに、甥っ子向けのアニメを探してビデオ撮りし、試聴している内に、すっかり(一部の)アニメや声優に詳しくなってきた私です。
 ちなみにセーラームーンやエヴァンゲリオンは、タイトルしか分かりません。ワンピースに至っては女性用の服がどうしたと思っていた事もありました。(未だに内容知りませんが)

 そんな私が甥っ子のお蔭で「宇宙兄弟」を知り、「ハイキュー!!」を知り、「アルスラーン戦記」を経て、「ワンパンマン」を知りました。
 これらの作品は、甥っ子がいなければ絶対に視聴しなかった類ですので、知る事が出来て良かったなぁと。

【ワンパンマンはアニメで】
 今年度の前期はアルスラーン戦記にハマり、ダリュアルという禁断の扉まで開いてしまいましたが、二期までしばしお別れという事で、今後は何を楽しみに生きていけば良いんだと嘆いておりました。
 が、ハイキューの2シーズン目が始まり、ドラマ「エンジェルハート」も結構面白くて(シティハンター世代なので)、すっかり新しい生活に馴染んできた所で、始まったワンパンマンのアニメ。
 ……本当に、正直に申し上げますと、直前まで観るつもりはありませんでした。ふざけたタイトルだなぁとは思いましたし、以前からスレまとめのサイトで名前が挙がっていた作品でしたので、タイトルだけは存じ上げていましたけれども、少しも興味を持っていませんでした。
 ですが、小さいころ「アンパンマン」が大好きだった甥っ子(現在中学生)の事を思い、「アンパンマンとタイトル被ってるけど、あまりにもふざけたタイトルだし……うーん、試聴してガッカリするかも知れないけど……」と、かなり渋りつつ、とりあえず初回だけ録画して観てみようと決めたのが、中京地区では火曜日深夜(水曜日午前)放送ですから、その前々日ぐらいです。
 第一回目を録画して、何日後かに観てみました。しかし、作画が物凄いアニメだなぁとか、オマージュを沢山入れ込んでるなぁ(笑)とか、色んな事を思いつつも、それ程面白いとも思いませんでした。ただ、戦闘シーンが凄かったので、甥っ子向けかなぁとは思いました。
 甥っ子、こういうの好きかも知れないしなぁ……と思わなければ、二回目の録画は無かったかも知れません。一応、アニメの視聴ログまとめも読みましたが、「初回で判断せず、キャラクターが揃うまでもう少し待て」という書き込みもあり、それならもう少し観てみるかと、それくらいの気持ちでした。
 あれ、この話面白いかも、と思い出したのが、音速のソニック君が出た第四話です。キャラクターが揃い始めた感を凄く感じた回でした。しかもこの回からヒーロー協会という道が示され、世界観が少しずつ見えてきたと同時に、この先の展開にひねりを感じ始めます。
 すでに主人公のサイタマさんを始めとしたキャラクターが走り出した事もあり、最初は冷めた目で観ていたアニメだったのに、大昔にドラゴンボールを読み始めた頃のような純粋な楽しさを感じるようになってきました。

【pixivに手を出す】
 そして、第五話までの間に私は……アルスラーン戦記と宇宙兄弟のジャンルを覗き見していたpixivで、ついに検索してしまいましたよ、ワンパンマンと……。腐の気持ちが動いた訳では無く、アニメの感想とかイラスト付きで読めるかなぁという軽い気持ちで。いや、これがいけませんでした……。
 そうか、そうですか。そうですよね。やっぱありますよね。ジェノ、サイ……。
 しかし、普通の作品を腐な視点で見ることを嫌悪していた私は、もはやあの頃の私ではありません。宇宙兄弟とアルスラーン戦記で耐性ならバッチリ付きました。
 BLな作品をいくつか拝読しつつ、物凄く冷静な目線で私が思ったのは、「あれ、ジェノスって……生殖器、あるの?」でした。(コミック・原作共に未読)
 とりあえず私は、数人の作家さんの“ジェノサイ”(日常ほのぼの系メイン)を拝見して決意しました。「よし、単行本を手に入れよう」

【10巻が待ち遠しい!】
 

 本当は、アニメが終わってから手を出そうと思っていたコミックス……。
 進撃の巨人やハイキューは原作の絵がどうも馴染めず、アニメ待ちしている私ですが、村田先生の画が素晴らしかった事もあり、また単行本の巻数もさほどではなかった為、速攻で手に入れました。
 でも、アニメと一緒にゆっくり読み進めようと思っていたのに……一日で読んじゃったよ、最新刊まで……...( = =) トオイメ
 まさか、まさかです。この年齢になって、ヒーローバトル(コメディ)漫画を、手に汗握って一気読みすることになるとは……いやぁ、しかしこれは話の作りが上手いですよ、本当に!
 そして思った事がもう一つ。「あっ……pixivで見た“ジェノサイ”って、単なる妄想じゃなくて結構忠実というか……。原作が最大手ってヤツじゃないですか……(^-^;」でした(笑)
 いやぁ、ジェノスがサイタマ先生しか観てないというか、かいがいし過ぎるというか、押しかけ弟子というより押しかけ女房というか……それより、何ですか八巻のカバー下、というか(笑)
 色んな箇所が、ワンパン腐の方々に、どうぞとばかりに描かれていて笑ってしまいました。
 それでもやはり健全に見えるのは、ジェノスの一途さ故でしょうか。(一回り回って健全に見える不思議)
 ジェノスのようなイケメンだけでなく、色んな世代が出てくるのも良いです。また、女の子のキャラクターも可愛いですよね。フブキちゃんとか。ソニックちゃんとかw(男の子だと分かってますが書きたかった笑)

【サイタマの在り方が素敵】
 ストーリーとしては、やはり、強すぎるヒーローであるサイタマ氏が正当な評価を得ていない、というのがミソですね。人は本当に正しい物や、飛びぬけて凄い物を、そのまま認めることがなかなか出来ない、というのは現実でもよくある事で、なるほどなぁ、上手いなぁと唸りました。
 “何の為”にヒーローをしているのか、という物が一本筋が通っている所も素敵ですよね。
 自分がどれだけの怪人を倒したか、という事に興味がなく、一件落着すれば誰がその手柄を横取りしたってどうでもいい。平和であればそれでいいんだってスタンスが、落書きのような顔と相まって、段々煌めく星空のように輝いて見えてくる不思議。
 実は最新刊まで読んでいて、何度か「シティーハンター」を思い浮かべたんですよね。この人の凄さを知ってる人は少ないけれど、この人が来ればもう安心だと、読者が安堵する主人公。次はお前が驚く番だ、と出てくる登場人物に対して思ってしまう妙な気持ち。
 こういう物は、うまくキャラクターを作るだけでなく、上手く話を進めて行かないと読者に抱かせない感情だと思うからこそ、凄いなぁと素直に思ってしまいました。

 コミックスを読んでしまったので、アニメで知る楽しみは少し減ってしまいましたが、どちらも今後が楽しみです❤


  
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

TVアニメ「アルスラーン戦記」にハマってます

  

 お久しぶりです。本当に久々の文字更新です。
 家族を亡くした後、色々な気力が殺がれてしまっている状態が続いており、特に自分の考えている事を“書く”という事がし辛い状態でして、なかなか明るい話題すら浮かびませんでした。
 という訳で、リハビリを兼ねた更新です。相変わらず内容は無いです(笑)


【どうでもいい前説】
 1986-1999に渡って刊行された『アルスラーン戦記』ですが、アラフォーの私にとっては、タイトルは知っているし、アニメ化されたことも知ってるけれど、これまで全く興味もなく、読んだり観たりしようとも思わなかった作品です。
 恐らく、荒川版の『アルスラーン戦記』が発表されなければ、一生目にすることは無かった作品だと思います。(甥っ子向け食育アニメ、「銀の匙」で荒川先生を知ったくらいですので、荒川先生ファンという訳でもありませんが……)

 原作者の田中先生の作品自体も、「銀河英雄伝説」のアニメをリアルタイムで視聴していたくらいで、それも当時はなかなか手に入らないOVA形式でしたので、あの作品を最後まで観られたのは三十代になってからです。動画サイトで目にした後、レンタル屋に走りました(笑)
 今の若い方達にとって、田中作品はどういう位置づけなのかは分かりませんが、少なくとも40代半ば辺りの歴史や軍記物の創作が好きな男性は著しくホイホイされていた作家さんなのではないでしょうか(笑) ちなみに我が家の場合は、三国志大好きの兄がハマっていたクチです。(ただし、兄の田中作品に対する興味は「銀英伝」のみ)
 銀河英雄伝説のアニメは、大人向けなだけあってオタクっぽくないですし、今見ても古臭さを感じないですよね。アニメの手法とかの話ではなく、キャラクターデザイン的に。

【銀河英雄伝説 Blu-ray BOX】
  

 話が逸れましたが、とにかく私にとっての田中作品は銀河英雄伝説のみで、しかも最後まで観られたのは大人を通り過ぎた頃で、アルスラーン戦記という作品は、私にとって興味の湧かない(というか、逆に何故かあまり良い印象を持っていなかった)ものでした。
 恐らく、アルスラーン戦記が劇場アニメ化された時代は私が高校生から大学生にかけて、という年代であった為、本屋で平積みされていたアニメ雑誌の表紙などで目にするくらいの認識だったとは思いますが、それが私の中で「オタクっぽい」「耽美系の同性愛っぽい(当時BLという言葉はありません。あるとしたら“ジュネ”っぽいというくらいです)」という認識に変換されて、内容を知らないまま忌避するような気持ちになったのだと思います。

【アルスラーン戦記 劇場版+OVA コンプリート DVD-BOX】


【転機は“荒川版”】
 そんな私が、荒川版アルスラーン戦記を知ったのはどういう経緯だったのか……全く覚えていませんが、「あ、銀の匙の作者の人が、田中作品をコミカライズして……えっ、「アルスラーン戦記」?( ▽|||)サー い、一巻だけ読んでみようかな」という感じだったとは思います。
 読んでみたら、勝手に偏見を持っていたオタクっぽさとか、耽美BLっぽいとか、そういう印象は払拭されました。これは荒川先生の作風故だと思います。どちらかというと、横山光輝先生の「三国志」を思い出した感じです。もしくは手塚治虫先生を。
 そしてこの作品がアニメ化するという情報を得た時には、「ふむふむ、甥っ子向けじゃないかしらん(o^∇^o)ノ」と喜びました。いや、コミックが3巻までしか出てないのにアニメ化とはどういうことだとは思いましたけれども……(笑)

【荒川先生版】
  

 録画したアニメを来訪した甥っ子達に見せた所、案の定どハマりしましたよ(笑)
 いつもは字幕を出すと嫌がる甥っ子達ですが、アルスラーン戦記だけは「字幕あり」の方が理解しやすいので、字幕付きで見せてます。戦記というだけあって、男の子達はワクワクするみたいですね! 早く続きが観たい〜!! とモダモダしています(笑)

 そして私はと言うと……



 というエンドカードに思わずときめいてしまったクチDETH……腐ったよ、大いに腐っ……orz
 おかしい……私は嵐ファンだった(今でも好きですが;)時でも、普段の生活でも、BL目線で物事を見ない方……だと思うのですが、アニメ化された物を見た途端に腐った気がします。ダリュアルとかいう言葉まで知ってしまったくらいで……(pixivのブクマにダリュアル増えてき……;;)

 BLでない作品をBL目線で見ることを嫌っていた私ですが、宇宙兄弟で“日六”というジャンルに目覚めて以来、二度目の腐目線作品になってしまいました……。いや、“日六”からは殆ど目が覚めましたので、今はほぼ健全視点に戻りましたけれども。
 今回はアニメのスタッフが手ぐすね引いて導いたとしか思えないっすよ私……だって最初のエンディングとか姫殿下とか言われてもうどうしろと……(T△T)

 と言う感じで、4月以降、殆ど唯一の楽しみ(癒し)がこの作品でした。
 あと少しでアニメも終わっちゃいますね。寂しいです。
 原作は読んだことが無いので、アニメが終わったら手を出そうか悩んでいますが、恐らく読まないかな……。
 私は何でも原作派で、それが小説であったら尚更読むタイプなんですが、荒川先生のコミカライズの方を楽しみにしたいので、原作には手を出さないと思います。原作を知ってしまうと「あそこは違う、ここは省いて欲しくなかった!」となってしまうのが恐いので……(;-_-)

 そう言えば、銀河英雄伝説がまた再アニメ化されるようですね。あれ以上の物を作らねばならないプレッシャーが凄そうですが……、ともあれ、アルスラーン戦記によって、田中作品が再評価されているという事でしょうか。
 第二期を期待しつつ、今のアニメを楽しみたいと思います。


  
  
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

「宇宙兄弟」の劇場版に今からwktkが止まらない!!

  

<参照URL>
 ■『宇宙兄弟』劇場版特設サイト
 ■宇宙兄弟×オーケストラ フィルムコンサート

 ■「宇宙兄弟」アニメ映画化決定、2014年夏に全国公開 小山宙哉の完全新作エピソード|アニメ!アニメ!Anime Anime
 ■『宇宙兄弟』小山宙哉書き下ろしの完全新作で初のアニメ映画化、2014年夏公開|マイナビニュース

 ■【宇宙兄弟】原作者書き下ろしの完全新作で映画化!映画の公式サイトもキター!|あにまん!

 ままま、まさかの『宇宙兄弟』初アニメ映画化!! 来年夏!! うれ嬉しい、嬉しい!!
 嬉しいよぅぅうううう!!!ε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ

 毎日、「宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK」を聴きながら、「TVアニメ 宇宙兄弟 オフィシャルファンブック」をニヤ(・∀・)ニヤしつつ読んでいるワタクシです(笑)
 何このオフィシャルファンブック……同人誌なの?! 妄想が迸る情報満載の情報誌なの?!
 アニメディアに掲載された過去イラスト(アニメ)等も含めて、全て収録されている上、インタビュー記事も満載で、作者様の裏設定が知れたりします。勿論、六太と日々人の声優様対談もありますよ!
 宇宙兄弟おひざ元の講談社刊行「宇宙兄弟 コミックガイド」は、公式だというのに年表が間違っていたりしますが、ファンブックの方はアニメの設定資料がこれでもかと載っていたり、イラスト解説も多めで、とにかく内容が濃いです! 買って損ないですね、これ♪(年表に誤りがあると知り、ガイドの方は買ってませんが;)

 ですが、年末年始はアニメ休止期間だし、何よりも来年の3月にはアニメ放映が終わってしまう……(´・ω・`)ションボリ
 と思っていたファンに、何という大きなお年玉を下さったのでしょうか……有難う、公式!!!
 宇宙兄弟×オーケストラ コンサートへ行けない事にションボリしていたのに、一気に浮上しました!! 有難う、公式様!!(笑)

 さて、肝心の劇場版の内容ですが、まだ煽り文句しか明かされていませんね。
 そこで、以下引用。

--------
宇宙兄弟 part38より一部引用
277 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2013/12/14(土) 18:05:05.63 ID:st74vfL50
煽りが「宇宙飛行士って何だと思う?」
夏休み映画だから子供向け要素多めで子供時代からハタチまでくらいの南波兄弟が
具体的に宇宙飛行士にむけて頑張るストーリー・・・だったらいいな
2000年代のリアル宇宙開発事業が色々出てきてさ
--------

 この方の書き込みを拝見して、なるほどーと思いました。
 ファンブックを読んでいた時、渡辺監督が、子ども時代の兄弟はスピンオフが作れそう、というコメントを残されていましたが……もしかしたら、もしかするんじゃないでしょうか(笑)
 つまり、少年時代から本格的に宇宙を目指す頃までの、兄弟を中心にした書きおろし新作を小山先生に以来されたのでは、と。
 勿論、これは推測でしかありませんし、何の根拠もありません。ただの妄想です(笑)
 ですが、完全新作となれば、放映中のアニメ以降というより、アニメ以前の話にスポットを当てた方がやりやすいのではないかと思います。
 実際、ファンガール達は六太と日々人の学生時代を縦横無尽に妄想していますからね(笑)
 日々人は野球部エースでモテモテ、ファンも沢山居た、とか。六太は弟の夢から目を逸らして、でも工学系の大学に入って……とか。色々です(笑)
 もしこのあたりにスポットが当たるなら、丁度リアル2014年頃のムッちゃんと日々人が観られるんじゃないでしょうか……わぁ、楽しみ過ぎる!!o(^O^*=*^O^)o ワクワク

 あ……一人で勝手な妄想をしていますが、本当に妄想を書き連ねているだけですので、スルーしていただいて大丈夫ですよ(笑)
 ともあれ、今からアニメ映画が楽しみです。甥っ子(小学生)誘って行くぞ!!

  
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

「宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK」-好き過ぎて毎日聴いてます!

  

 ついに、『宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK』が発売されましたね!!!(興奮)
 これはテレビアニメ「宇宙兄弟」のサウンドトラックで、実はDisc1とDisc2は既に発表されていました。
 と言っても、『宇宙兄弟 Blu-ray DISC BOX 1』と、『宇宙兄弟 Blu-ray DISC BOX 2』の特典CDという位置づけでしたので、手に入れるのは少々勇気のいる決断が必要でした(笑)
 しかし今回、新たにDisc3で新曲が29曲も追加されてCDだけで発売されたというのですから、これはもう喜びしかございません!!ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪

 ★amazonで試聴できます♪⇒ 宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK 試聴ページ

 今までにも、気に入ったドラマや映画やアニメのサントラを幾つか購入しましたが、どんなに好きな作品のサントラでも、何度か聴く内に飽きてしまうという事が大半でした。
 それでも折角買ったのだからと、デジタルプレーヤーに入れて、プレイリストを作成して聴いたりもしていたのですが(2007年〜2010年頃の話です)、サントラって印象的なBGMが多くてその作品のシーンなどを思い出して……正直、最終的には鬱陶しくなっちゃうんです!(爆)
 顕著だったのが、JINと魔王(笑) 特にJIN(笑) 最初は「ああ、あの場面が目に浮かぶ……!」と感動するんですが、あまりにも印象的なBGMな為、速攻で飽きてしまいました……。
 ドラマで聴くと凄く心地いいのに、私はサントラが性に合わないんだろうかと(´・ω・`)ションボリしたものです。
 しかし、この『宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK』は、毎日聴いても飽きません。飽きないどころか、本当に心地いい!
 これ程、オススメしたいと思うサウンドトラックを私は知りません。クラッシック好きな方にもオススメですし、何より、宇宙兄弟を愛する方には本当にお薦めです!
 作曲をされた渡辺俊幸氏に心からの敬意を捧げたいです。それくらい大好きな曲ばかりで、今まではプレイリストを作って好きなサントラだけを聴いていた私が、全ての曲をまんべんなく聴いています。飽きない。不思議!

---------

 そして、宇宙兄弟と言えば、最近発売されたコレ⇒ 『TVアニメ 宇宙兄弟 オフィシャルファンブック』です!
 ぴくしぶでも話題になっていたので、気になって気になって……! 買う気満々なのですが、データ(ダウンロード版)で買えたら嬉しいなと思ってしばらく様子見していました(笑)
 私、物を増やすの嫌いなんですよね……。本棚にしまうと読まなくなっちゃうし。ダウンロード版も売って欲しいなぁ。(;へ:)
 もう待ちきれないので、この記事を書き終えたらポチりたいと思ってます(笑)
 ああ、宇宙兄弟が大好き過ぎて、アニメ(来年の3月までって決定しましたね……)も連載も終わったらどうしようかと思うレベルです。(真顔)


【同じガイドブックでもこちらは年表に誤り有り】

 『宇宙兄弟 コミックガイド』に掲載されている年表は、2028年の出来事を、2027年と表記しているようです。これにミスリードされたアニメスタッフが、アニメのオリガの部屋のカレンダーを2027年9月表記にしたのではないかと推測している私です。


  
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

アニメ「宇宙兄弟」第79話への疑問(スタッフの勘違い?)

  

 宇宙兄弟の本日放映アニメについてです。
 原作では、2028年にロシアへ渡りオリガと出会っている設定ですが、アニメでは2027年になっていました。
 カレンダーまでわざわざ2027年のものに変更してあり、当然ですが、日付と曜日が違っています。
 (以下ネタバレ注意です!

 (アニメでは来週の話になりますが)日々人がロシアから米国へ帰国直後に、六太が真壁家を訪問しています。その時、真壁家の奥さんは既に妊娠していて8ヶ月くらいのお腹です。
 そして、(原作の15巻から19巻へ話は飛びますが)真壁家第二子・安ちゃんの誕生が、2028年の12月22日です。
 となると、どう考えても日々人のロシアPD克服訓練は「2028年」です。(公式ガイドブックによれば、ロシア編は10月なんだそうです。その情報+上記+原作のカレンダーシーンの日付と曜日を鑑みると、2028年10月のカレンダーと推測できます。しかし、ネットで知り合った人曰く、ガイドブックには2027年10月と書いてある、そうです……もしかして2027年になっていたのは、これが原因!?)
 アニメスタッフが年を間違えているのか、それとも作者に確認を取り、あえて変更をしたのか……。
 どちらか気になって仕方がありません!!!!(この一年の誤差は超重要だと思います!)
 アニメスタッフの勘違いであれば、ブルーレイやDVDでは必ず修正して頂きたいです。

------

 ちなみに。
 あまりにも気になったので、講談社のHPから質問メールを送信しましたw
 アニメの公式サイトへも行ったのですが、メールを送るような所は発見できず。唯一、やり取りできそうなのはツイッター……って、ツイッターやってないから連絡出来ない……!(|||_|||)ガビーン
 どなたかツイッターのアカウントをお持ちの方で、私同様気になる方は、アニメスタッフに質問してみてください(´-∀-`;)

<アニメ公式ツイッター>
 ■アニメ宇宙兄弟 @animeuchukyodai


【そもそもガイドブックにも誤記があるらしいです;】
  
※私は持っていないのですが、ネットで得た情報によると、どうやら公式ガイドブックに日々人のロシアPD訓練は2027年と誤記してあるらしいです。恐らくコレ⇒「宇宙兄弟 コミックガイド」かな……?
Posted by junk
Category : アニメ(動画含)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/7PAGES | >>
Categories
Archive
Search
★ ランキング ★






★ 楽 旅 ★