JUNK LOG

アニメ・BL・動画・読書記・美肌考など

嵐 CD・DVD特集  / 防災グッズストア  / Amazon ベビー服SALE  / BL検索(コミック・ノベル)

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

乳がん検診に引っかかる

 ……憂鬱な話題ですみません。

 今朝、保健センターから電話がありました。
「先日受けられた婦人科検診で、子宮頸がんや骨密度などに問題は無かったんですが、乳がん検診で精密検査を受けて貰う事になりました。検診結果にマンモグラフィのCD-Rも付けますので再検査の際にお持ちください」
 との事でした。

 (゜Д゜) ハア?? (゜∇゜ ;)エッ!? ちょっ…… 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工!?

 という心境でしたが、こういう時の私は頭の中が凍結されて大した言葉が出てきませんので、ごく普通の会話をしているように応対して電話を切りました。

 ……集団検診の結果って保健センターからわざわざ掛かってくるものなのぉおおお?!(゜゜;)エエッ

 というのが一番最初の動揺事項でした。
 次に、再検査ってどこでやるの!? 任意なの?! 何の説明もなかったけれど……? という事でした。

 私は現在無職ですので、集団検診は保健センターのお知らせで行ったものです。去年も行きましたが異常なしでした。(結果は封書で届きました)
 なので、結果が届く前に電話で「あなたは再検査(しかも精密検査)です」と告げられるとは思いもせず、その場で「はぁ……」としか言えず、電話を切った後も、「そういえば2010年に職場の検診で引っかかった時、再検査でマンモグラフィやって異常なかったんだっけ……」と思ったんですが、よく考えたらこの時の検診はマンモじゃなかったんです。ジェルを塗った超音波? だったんです。
 そして今回はマンモグラフィ検査で引っかかったんです。
 そして我が家は……癌家系です。

 父も母も兄も癌を……それも難病系の癌をやっています。
 
 ガンに振り回された人生だったから、自分はガンにはなりたくない! と言う気持ちと、
 ガン家系だから自分もガンになり得ると覚悟しておかなければいけない…… という気持ちと。

 そういう物を心にしまっていたのですが、まさか乳がん検診に引っかかるとは思いもしませんでした。
 何故ならウチは乳がんの家系ではないハズなので……少なくとも私の知る限りの身内に乳がん経験者はいません。

 勿論、再検査となったからといって、必ずしも乳がんが決定したわけではありません。
 しかし、まだ検診結果が届いていない段階で、自分が1-5の中のどのレベルで引っかかったのか、それが凄く気になっています。
 インターネットで調べたところ、1-2が異常なし、3-5が再検査、その中でも4-5だと癌の確率が非常に高いのです。

 自分だけは大丈夫だと思ってはいけない。それが癌だとは思っています。
 何よりも我が家は癌家系です。
 検査結果は今週中には届くと思いますので、出来れば今週中に再検査に行きたいと思っています。少しでも早期発見が良いと思いますので。

 ですが、絶対に癌になってたまるか! 癌にはならないぞ!
 という気持ちも同時に持っておこうと思っています。まだ再検査前の段階ですので。

 今日は気持ちが落ち着かず、食事ものどを通りにくい感じでした。
 頭がふらーっとしているのに、ズーンと重いような、めまいがするような、落ち着かない感じです。

 もしもガンだったら、絶対に闘わなければならない! というのが我が家の鉄則です。
 だけど、もういい加減ガンとの縁を切りたい! というのも我が家の悲願です。

 ついこの間まで、中京テレビの恩田アナ(彼女が若いころからテレビで拝見しています)が乳がんを発症してしばらく番組をお休みしていました。
 その闘病ドキュメンタリーも一部ですが拝見していました。
 彼女の強さ、決意を私も持たなければと思っています。

 まだ再検査の前の段階です。
 インターネットで調べ物をすると余計に不安が増すので、少しだけ調べて止めました。
 とにかく早く、再検査!
 少しでも心を落ち着けて臨みたいです。

Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

小さな赤い虫が気になる!!


 田舎の実家暮らしの私ですが、家の広い敷地内にある離れ(バス・トイレ・キッチン・寝室付)の管理をするようになり、毎日離れに行きます。今も離れでこれを打っています。
 実はこの離れ、亡き父の療養用に設置した平屋的な家で、外側はテラス(木製じゃないけどウッドデッキ?)になっています。
 この前、天気のいい日に白いゴミ箱を洗ってテラスに干していたのですが、一時間ほどして取り入れてみると、白い底に赤い物体が……Σ(=∇=ノノヒィッッー!!

 1mmもないような小さな小さなダニみたいな生物が2,3匹うようよしていました。
 45年間生きてきて、初めて観ました!!! こんな生物いるの?! と思いました(笑)

 その時はとにかく気持ち悪い! と思い、すぐさまキッチンハイターをかけて流しました。
 ゴミ箱はもう外には干さず、バスルームへ直行。
 その日から、「あの赤い物体は一体なんだったんだ……」という疑念が渦巻いていました。

 それから一ヶ月ほど経った今日、離れの寝室のはめ込み式の窓を上にスライドして換気をした際に……窓にへばりついているのを見付けてしまいました……外のテラスから上がってきたのか……。
 そしてどこから入ってきたのか不明の小さな蟻が再び!(三日前にもいた!)

 ムカデは仕方なく駆除する私ですが、虫が大嫌いな私にとってはこんな小さな虫でも脅威です!
 気持ち悪くて調べたくなかったのですが、胃を決して「赤い虫」で調べたところ……どうやらダニっぽい、ということが分かりました。

<参照URL>
 ■赤い小さい虫「タカラダニ」の生態と駆除方法まとめ

 写真で見ると、「(‥ )ン? これかなぁ?」と思ってしまうのですが、小さくてベランダとかによくいるダニという特徴がとてもよく似ているのでこれかと。
 でも大量にはいませんけどね。
 テラスの外は芝生やらシンボルツリー(というには大きすぎる木)やら、東側には家庭菜園やらもありますし、なによりも、家の前の細い道を挟んで向かい側は畑、離れの裏地も余所の畑なので、とにかく虫が寄って来やすい環境であることは間違いありません。
 
【家庭菜園】
家庭菜園2018



【シンボルツリー】
我が家のシンボルツリー



 でも、調べたところ、このダニは哺乳類を噛んだりしないみたいですね。
 あと水に弱いとか。
 ただし潰すの厳禁! ダメ、絶対!! だそうです。

 今の所、ネットで検索したような大量発生という感じではないので放っていますが、一匹、二匹でもやっぱり気持ち悪いですよねぇ……(´;ェ;`)ウゥ・・・

Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

離れに転居しましたが

 昨日、重い腰を上げてようやく離れ(キッチン・バス・トイレ付)に転居しました。
 ここは父が晩年を過ごした部屋なのですが、父が亡くなった後、なかなか心の整理がつかず、遺品整理が出来るようになるまで一年半かかりました。その間、放置していた為、中はいつの間にか虫御殿となっていたのですが……。
 父が寝ていたベッドは何かの虫が卵を産んでいたのか、小さな虫がびっしりついていましたし(ベッドごと寝具は捨てました)、どこから入ったのかゴキブリのフンがあっちこっちに散見して、それらを拭いて回るだけでも時間がかかりました。
 後日判明したのですが、閉めきっていたのに虫がどこから入ったのか分からなかった通用口は、エアコンでした。
 エアコンの裏に丸い穴を開けますよね。そこを普通はパテで埋めるらしいのですが、何もしてなかったそうです!! 病気の父の為、当時の最高レベルのエアコンを二台も買ったのに!!? ……という訳で、その穴を見付けてくれた知り合いのおじさんがパテで埋めてくれました。有難や……。

 さて、この離れ。
 数年前に内部を前面リフォームしたので、見た目は綺麗なのですが……使い辛い!!!
 詳しい事は書きませんが、(多分)アメリカからの輸入ハウス(?)なのです。その内部を事情により全面改装したので、キッチンやお風呂も日本仕様にはなりましたけれども……実家に住み続けてアラフォーを過ぎている私にとっては、使い辛い箇所満載でして……特にお風呂の狭すぎる所とか……(母屋のお風呂が広いということもありますが)
 洗濯機を置く場所すらなかったので、知り合いのおじさん(再び)が室内に置けるように簡易工事をしてくれ、買った洗濯機も設置してくれました。(母の旧知なんですが、頼りになる方なんです)
 遺品整理が終わり、部屋にあった物は殆ど全て廃棄し、新しい家具や家電を買い(無職なのに;;)、何とか人が住める状態になったのが2017年の3月ごろです。その気になれば去年のウチに引っ越せたのですが、少しでも不安な部分があるとストレスにより直ぐに体調を崩してしまう私(面倒くさい)なので、母屋のWI-FIが使えるように必死になったり、パソコン用のデスクを吟味したり、キッチンをとりあえずは使いやすいようにするにはどうすればいいのか悩んだりしている内に、あっという間に一年が経ってしまって2018年の4月ですよ(笑)
 とにかく優柔不断な私がカメの歩みで準備し、何とかこれなら移住できそうだ、とある程度の納得が出来たところで、ようやく昨日、移りました。

 でも、体調が悪い日が続いている中で移ったせいか、引っ越しの最終荷物を夜遅くまで整理し、使いやすい配置にし、やっと(使い辛い)お風呂に入った時には、既に気分が悪くなっていて、風呂場を掃除してから出た後で、「何だ……この気持ち悪さ……お風呂の使い辛さがストレス過ぎたせい?」と割と本気で思いつつ、服を着て、顔を保湿し、髪を乾かし、夜の洗濯を始めたのですが……。
 もう、本気で気持ち悪くて仕方ない状態になってしまったんです。母屋に駆け込みたいくらいの気持ち悪さ。
 恐らく排卵日前後の気分の悪さだと思っていますが、ここまで気持ち悪くなるのは珍しい。
 フラフラするのが嫌で、洗濯を干したら寝よう、と思っていたのに……慣れない新しい洗濯機(シャープ製)は、母屋で使っている洗濯機よりもやたら時間がかかる上、エラーが出てまたやり直ししてる……!!
 どうしよう、気持ち悪い……、尋常じゃなく気持ち悪い……寝たい……。
 吐きそうに気持ち悪くても、私は余程の事が無い限り吐く事はない(大抵は腹痛からの下痢な)ので、トイレに座ってうなだれることにしました。ここに居れば、吐いても下痢をしても大丈夫だからと。
 フウハア言いながら、「それにしても洗濯できるの遅いなぁ……」とジリジリしつつ、気を紛らわすためと時間つぶしにタブレットをいじっていました。
 すると、座ったのが良かったのか、気を紛らわしていたお蔭で少しリラックスできたのか、気持ち悪さがみるみる減って、“尋常じゃなく気持ち悪い”から、“割と気持ち悪い”まで体調が変化。と同時に洗濯がやっと終了!
 速攻で干して、初ベッドイン(←)しました!
 このベッドを買ってから一年半経ちますが、寝るのは初めてです(笑)
 この時点で既に夜中の1時近く。お風呂を出たのが11:45分ごろでしたので、洗濯やら気持ち悪さやらで時間が経っていたようです。
 
 これでやっと就寝……と言っても、気持ち悪さでまだ動悸が激しく、気分も落ち着いていなかったため、ベッド上でもタブレットをいじっていました。
 不思議な事に、もういつでも寝られる、という状況で、好きな様に気ままにタブレットをいじっていたら、からだも段々スリープモードになってきました。
 よし、じゃあ寝るか。と時計を見ると、もう2時でした。……む、無職なので問題ないです(笑)
 さて、新しいベッドで寝よう。
 そう思い、ようやく横臥して、まだ動悸があるけど眠たいな……と思いつつ、少しずつ微睡んでいきました。
 ……そのタイミングで、隣家から「ドッドッドッドッドッドッドッド」の大型車の音。
 (゜Д゜) ハア?? 夜中の2時ですよ?!
 隣の外国人宅の父親が、トラック運転手に転職したのは知っていましたし、その車が引っ越し用の大型車くらい大きい事も知っています。よく庭に停車されているので。だけど、だけど……
 夜中の2時に20分〜30分くらいエンジン音を鳴らし続けるのって、非常識過ぎませんか?!

 あそこの外国人、車のエンジンをいつも30分くらい平気でつけっぱなしにして放置していますけれど、母屋にいた頃はその音が全く気にならなかったので、気にしてもいませんでした……。
 でもまさか、夜中に数十分も放置するなんて思いもしませんよね。
 ビックリし過ぎたせいで、それから眼がさえて眠れず、胸もドキドキしたままで、ちょっとした物音でも直ぐに目が覚めてしまい、朝の5時過ぎまでうとうとしては目が覚める、を繰り返しました。
 ……冗談じゃありません。隣の借家に外国人大家族が引っ越してきたのは7年くらい前。最初は静かに暮らしていたあそこの家族に、今までどれだけ色々な迷惑を掛けられたことか……(書きだすのも嫌です)。

 折角やっと移り住んだのに、もう母屋に帰りたいんですけれども、私は一体どうしたら……。
 ちょっとした事に翻弄される小心者の自分が嫌です。
 こういう事があっても、大らかだったら気にしないんだろうな……。

【翌日追記】
 この記事を書いた直後に、隣家でトレーラー(荷物運搬型大型車)を一時間以上エンジンかけっ放しにして放置してました……。その間、子どもを迎えに行ったり、家の中で風呂に入ったり(←入ってる音が丸聴こえ)していたようです。夜中の騒音のせいで睡眠不足を味わった私は「昨晩、夜中の二時にトレーラーのエンジンを数十分つけっ放しにしていませんでしたか」と訊こうと思っていたのですが、子どもを迎えに行って帰ってきた時は、流石に小さなお子さんが傍にいたので聞けず、出掛ける時に……と思っていたら、すれ違って出て行ってしまいました……。
 夜中のエンジンつけっ放しも(物凄く)嫌ですが、午後三時過ぎの一時間半つけっ放しも当然嫌です。何であそこの家主はいつもつけっ放しにするんだろう……? 母国でのクセなのでしょうか。
 どちらにせよ、流石にこの日(昨夜)は母屋で寝ました。はぁ、せんべい布団なのに何て安心して寝られるんだーー!!
 隣家のエンジン音も全く聴こえないし(ド田舎の我が家の敷地が広い為、母屋と離れ自体が結構離れているのです)、とても安心してスヤァっと眠れました(笑) 隣家の音が丸聴こえの離れだとこうはいかないです……。
 体調がまだ良くならないのでしばらくは母屋で過ごす事にしました。今後どうしようかと……。
Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

【犬の騒音】保健所に相談電話を入れました

<参照URL>
 ■騒音問題を解決!近所の犬がうるさいときの6つの効果的な対処法 犬スタイル
 ■犬の鳴き声の苦情の出し方とその対策方法
 ■近所(隣)の犬の鳴き声がうるさい!騒音に苦情を!吠える犬を黙らせる方法

 割と苦になって苦になって気になっている近所の犬の騒音について、先日、保健所に相談の電話を入れてみました。
 相談内容は以下

・近所の外国人家族が飼っている犬の騒音に困っている
・奥さんが日本語片言のため、それとなく苦言を呈すのが精一杯だが分かって貰えているか不明
・普段愛想のいい旦那さんは言いがかりを付けられたと思うと逆上するタイプ(だから余計に言い辛い)
・自宅の庭にいるだけで吠えられ、室内に入った後もしばらく吠えられる
・畑仕事をする人、犬の散歩をする人などにも吠えるのでうるさい
・犬を飼うのはいいが誰彼にも吠えないしつけをして貰いたい(と思っている人がいる事を知って欲しい)

 電話先の保健所の男性は、慣れた様子で話を聞いて下さいました。
 私は第三者から伝えて貰うのが解決の近道になるのではと思い相談した訳ですが、保健所の方が案じていたのが、「該当する家を訪問してお話することは出来ますし、誰から相談があったという事も言いません。が、こういった場合は相談者の目星をつけられやすく、誰が言ったというのが相手の方に分かってしまう可能性があります。それでも宜しいですか」という事を何度も確認されました。

 当然、身バレは嫌です。嫌ですが、伝えないと分かって貰えません。
 私は最初、「それでもいいです。分かって頂ければ……」というスタンスでしたが、保健所の方から何度目かの確認をされた時、「あ、これは……!」と鈍感ながらも察しました。
 きっと、相談したことによるトラブルもこれまでにあったのでしょう……。
 しかも相手は(帰化されたかどうかは分かりませんが)外国出身の方です。 
 言葉の微妙なニュアンスが伝わらず、悪意だけを感じて逆恨みされる事も十分に考えられます。
 
 15分ほど相談させて頂きましたが、最終的にはこう言いました。
「今回はご相談をさせて頂いた、というだけで結構です……また何かありましたら改めてご連絡させて頂きます」
 担当の方はこう仰いました。「では、ご相談の記録は残しますので、何かありましたらまたご連絡ください」

 保健所の方には、フラットな感じで相談を受けて頂けて良かったです。
 聞いて頂けただけでも、ちょっとモヤモヤしていた気持ちが晴れました。

 それにしても……
 つ、突っ走り過ぎなくて良かったぁ〜〜!!(*´-д-)フゥ-3
(普段は石橋を叩いても渡らないくらい慎重派で腰が重いくせにどうしたんだ自分……と思いました;;;)
Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

我が家の水が凍って出ない……

 数年に一度の寒波に備え、夜中の3時ごろに洗面所と台所の水も一旦流しておいたのですが……。
 幸い、20年前にリフォームした洗面所の方の水は出ましたので、昼まではそれで凌ぎ、昼過ぎになって、台所の水道にぬるま湯を掛けたりしている内に小一時間ほど経ってポト……ポト……ポトポトポト、という感じで水が出始め、台所も復旧。それでも温水は出るけど真水は出ない、という不思議な感じで使っていました。(水も午後3時過ぎには復旧)
 母屋の場合、トイレと洗面所(及び風呂場)が無事だっただけ本当にラッキーでした。
 そう言えば、トイレも洗面所と一緒に20年前リフォームしたお蔭でしょうか。(というか、田舎過ぎてそれまでは水洗トイレじゃなかったですけれども……)

 母屋はなんだかんだ言って使うので何とかなりましたが、離れです。昨夜も試みましたが全く出ません!
 昨日の昼過ぎに嵐のような横殴りの雪が降ってきて、離れを見に行くのを「雪が小康状態になってから」と静観していたのがいけなかったようで、夜9時に行った時には、庭は雪まみれでしたし、離れは当然凍って水が出ない状態になってました。何故昼の段階で見に行かなかったんだ私……!(≡д≡) ガーン

 しかし、もし昨日昼間に水を出しておいて夜出たとしても、きっと朝方再び凍っていただろうな、とは思います。
 離れは5年ほど前に一度水道管破裂をやらかしておりまして、離れの荷物を母屋に全部避難させて、全面リフォームになった経緯がありまして……(すったもんだで何とか少し保険が降りました)。

 なのでリフォーム後は水道管を布で巻いたとか聞いてたんですけれども、やっぱりちょっとでも寒いと直ぐに凍って出てこない……。
 これはもっと対策をした方がいいということでしょうか。

 とりあえず、昨日から今(夕方18:00)に至っても水が出ない状態ですので、今日も諦める事にしました。
 あ、この記事は離れで書いています。12月末に、PCを母屋から離れに移したので、12月末の投稿以降は離れで書いてるんですよ〜(どうでもいい)
 なので、水没しちゃうと凄い困るわけです。PC及びHDDが壊れたら凄いこまる……。
 甥っ子たちの赤ちゃんからの写真が保存してあるので特に〜〜!!!

 戦々恐々としつつも、ひとまず離脱。
 明日再チャレンジしてみます!
Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

近所の南米人

 新年早々いきなり愚痴日記です(笑)
 なるべく文章少な目にするよう努力します……。

 我が家はド田舎にありますが、僻地や山間部という程ではなく、地方都市から車や電車で一時間半くらいの場所にあります。
 私が子供の頃(※私はアラフォー)は、こんな田舎に外国人はいませんでした。あ、明治時代に移り住んだ西洋人はいましたけれども、地元民と結婚し、土着化していったので省きます。
 ですが私が高校生の頃(90年代)には、県内に、南米、特にブラジル辺りから移住する人が増え始め、隣の市にあるショッピングセンター辺りに南米人がたむろしている姿を良く見かけるようになりました。
 それでも私の住む地域や近所には住んでおらず、買い物先で見掛けるなぁというくらいでした。
 2009年くらいに、近隣の県で様々な工場が閉鎖された為、南米の人達が多く帰国したり引っ越したりしたようですが、日本が気に入ったり、子どもが日本で生まれ育っていた家庭は残ったようです。
 その内、住民移動が起こったのかどうか分かりませんが、5年ほど前のある日、知らない間に近所に南米人が住んでいました。しかも子だくさんの大家族です。

 近所、といってもそこは田舎。畑ばかりがあってスッカスカなお蔭で、家の中で階段をドタバタ上り下りする音まで聞こえてくるような近所です。
 元々は日本人が建てて住んでいた家だったのですが、家主が事業に失敗して引っ越した後、長年空き家になっていた家でした。(現在の貸主は地元では近寄りがたいと言われている系の人)
 てっきり廃屋だと思っていたら、10年くらい前に老夫婦が引っ越してきて5年くらい住んでました。
 老夫婦だから生活音自体は静かでした。しかしここのおばあさんが野良猫に餌をあげ続ける人で、おびただしい猫が近所に集まってくるようになり、我が家の庭も我が物顔で入ってきて、随分荒らされました。
 フン害もありましたが、一番困ったのは、夜中、二階の屋根やベランダに猫が数匹上がってきて派手に喧嘩したりしたことです。一匹でもガタガタッという物音にビクッとして飛び起きるくらいでした。

 その老夫婦が出て行った後で、今の南米人が入ってきたのです。
 勿論、挨拶なんてありません。何か近くで子どもの声がするなぁと思ったら、もう住んでいたんです。

 幸い、そこの夫婦は日曜ごとに庭でバーベキューをやったり、パーティを頻繁に開いて騒いだりする家庭ではありませんでしたし、子どもが少なくなっている昨今、元気な声がこだまするのは良い事だと、我が家も最初は歓迎ムードでした。
 しかし、やはり日本人ではないため、色々な事で意思の疎通が取り辛いというか、日本人同士の暗黙の了解とか、阿吽の呼吸、といった事が通じません。
 南米人家族は、彼等なりに日本人に配慮して生活しているのですが、日本語があまり上手でない両親に育てられた子供たちは日本育ちなのに日本の常識を熟知しておらず、結局、それがトラブルの元となるのです。

 たとえば、回覧板を届けるとします。(借家の場合、地域の班に入るのは任意ですがこの家族は加入。因みに回覧板だけは班員でなくとも届けます)
 回覧板には回す家庭の順番が書いてあって、ウチが道路を大回りをして南米人宅に届けます。
(家自体はすぐ側に建っているのですが、南米人の家は、ウチの前の道路を迂回した上、奥まった砂利道の先にあるので、届けるのも結構面倒な場所にあります。逆に南米人の家からウチは道路が整備されているので来やすく、玄関も道路沿いにあるので回覧板を届けやすい)
 届けるのは母なのですが、大阪人気質(実際に大阪で生まれ育ってます)の母は「お金が無い」が口癖の南米人を気遣って、食料やお菓子やオモチャなどを差し入れしていたので、「この人には頼れる」認識をされてしまったらしく、どんどん厚かましい要求をされるようになっていきました。

 で、ある日、回覧板を持って行くと、翌日その回覧板が家の郵便受けに返されていました。
 母がいぶかしんで「違うよ、次は○○さんの家に届けるんだよ」と、再びわざわざ言いに南米人宅へ訪れると、そこの子どもが、「オバサンが持ってって!」と言ったというのです。

 母は子どもの言う事だから、ということと、回覧板をストップさせている事が気がかりで、○○さんの家へ届けたそうですが、南米人から回覧板を返される事がそれからも何度か続きました。
 大阪人気質の母は、勿論、いつも家に居ない親の方とようやく会えた時に、事情を話したそうですが、日本語があやしい南米人・母は「そうですか」ぐらいのことで、「それが何か?」といった感じ。意思の疎通が難しい……。

 その他にも、いきなり南米人・娘(13歳)が我が家へやってきて「オバサン、見たい映画が今日までだから、隣市のイオンモールへ乗せてって」とか突然頼みにくるんですよ?!!!
 ウチの母は能天気な上、頼られるのが好きなので「これから他の人と出掛けるから、送っていくだけならいいわよ」とか答えたそうですが、13歳の娘一人をイオンモールの映画館へ送って行ったあと、痴漢にあったり、スリにあったりしたりしたら、載せて行った母にまで事情を聴かれるでしょうし、とにかく何かあっても責任が取れない訳ですよ。
 そう言う事が分からない母に、「簡単に考えてるけど、何かあったらお母さんが警察に事情を訊かれるかも知れないし、南米人母になじられるかも知れないんだよ?!」と一生懸命説明して、やっと納得してもらい、断る事ができました。南米人母は、「ダイジョーブ、ダイジョーブ。日本、安全」と言っていたらしいですが、ちょっと感覚が信じられません。
 そもそも、13歳の娘が家に来たのも、娘が南米人母に連れてってと頼んだら、これから仕事だから、回覧板のオバサンに頼みなさい、と言ったらしいんです!?
 Σ(^∇^;)えええええ〜 南米人家族と親戚でもなく、そこまで親しい訳でも何でもないただの近所の住人なのに、何で便利屋さんみたいに思われてんのぉおおお?!!!
 と、後で聞いて更にビックリしました。日本人とは感覚が違うとしか思いようが無かったのですが……少なくとも、私や私の住む地域での常識とは違う考え方のようです。

 その南米人家族が、今年の夏から、いきなり犬を飼い始めました。
 借家だから動物は飼わないだろうと勝手に思っていたので、驚きました。
 何せ、その犬がとにかくうるさいんです。人が通るだけでワンキャン騒ぎまくる。犬の散歩をしている人が通ると、物凄い勢いで吠え続けます。
 そして、我が家の裏庭は南米人宅のすぐ近くです。見通しも良く、犬が犬小屋もなく長い鎖で自由に動き回っているのが見て取れます。
 そうです。私や家族が裏庭を普通に歩いているだけで、物凄い勢いで犬が吠えるんです!
 裏庭には離れがありますし、近日中にはこの離れに居を移す予定の私です。
 色んな準備のため、離れに行こうと裏庭に入る度、うるさく吠え続けられます。
 離れの中に入っても、しばらくはうるさい……。
 今の季節は流石に寒いので、家の中(玄関)に犬を入れているようですが、夏は夜中でもうるっさいんですよ……。

 なので、母が回覧板を持って行くと当然吠えられる訳で、母はもう、南米人宅に回覧板を届けるのは嫌だと言い出しました……。

 そう言えば、先週回覧板を届けた時、「お宅の庭にある車、要らないなら売ってくれない?」と家主(南米人父)に母が言われたそうです……。
 それは私の車なのですが、かつて人気のあった車種で、二十年以上乗り続けているボロ車なんですけれども、ファンはまだいる車なのです。
 うーん、まさか私の車にまで目をつけられるとなるとちょっと……。

 凄く無愛想な奥さんと、愛想のいい旦那さん(建設関係、日本語は奥さんより上手)。
 太目の娘さん達と、可愛らしい顔をした息子さんたち(ただしめちゃくちゃ無愛想)。
 そしてとにかくうるさい犬……。

 歓迎していた心は今はもうありません。
 早く他の借家見付けて欲しいなと密かに思っているものの、今の家をとても気に入って、当分の間はここから出ていく気はないそうです……。

 こうなったら、犬のことだけでも何とか苦情を穏便に伝えたい……。
Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

風邪ひきました…

 今月上旬、母が風邪を引いたという話をしましたが、今度はまんまと私が引きました……orz
 月曜日から妙に寒かったのですが、火曜日の夜中に喉が腫れ、一階へ降りて行って葛根湯を飲んで寝たのですが翌日になって治まっておらず……というか、喉が「これからバンバン腫れるぞーー!!」という状態で、ヤバいと思って薬を飲もうと思ったのですが、ここで三択です。

 (譴琉み残し、総合かぜ薬A「クニヒロ」
 ∧譴琉戮貿磴辰燭韻譴斌せ藩僂痢ルルアタックEX 24錠
 F麈前にかかり付け医に貰った抗生物質等の薬

 実は私、三十代の頃は体調不良によって仕事に影響が出るのが嫌で、抗生物質に頼りまくりの生活をしていたんです。飲み過ぎでした。
 三十代後半になって、本格的な体調不良に陥った時、抗生物質では駄目だというか、今まで頼り過ぎていた事に気付き、その後は極力飲むのを控えています。(代わりに葛根湯をジャンジャン飲んでいる訳ですが;)
 薬の袋の日付は二年前です……。
 つまり、私にとっては久しぶりの抗生物質となる訳でして。なるべく飲みたくないなぁと。
 で、飲んだことの無い薬を飲むのも怖かったのですが、市販薬の「クニヒロ」を、三錠飲むべきところ、二錠飲んで様子見→ 悪化よりの現状維持という感じ。(あまり効いて無い)
 結局、夕食後には医師の薬を飲んで寝ました。
 それなのに、思ったほどは効きません。のどの痛みはそのままで、悪化を何とか食い止めている、というような状態。
 二年前の薬、というのが良くなかったのかも知れません。(これはさっき医者に言われました)

 抗生物質が五回分はあったので、水曜日から今日(金曜の午前)までは何とかもたせたんですが、週末ですし流石に今日は病院へ行ってきました。
 「薬にも期限があるから、新しい薬を飲んで」と言われて、私が飲んでいたのと同じ薬を貰って帰ってきました。あ、トローチも貰いましたけれども。

 二年前とは言えすぐに抗生物質を飲んだお蔭か、高熱こそ出ませんでしたが、喉が腫れ、鼻がぐずぐずして、咳やくしゃみが出る始末です。
 とはいえ、喉の腫れは大分治まってきました。今はくしゃみですね。今日はくしゃみばっかりしています。

 私は風邪っぽいな、とか風邪気味っぽいな、と思ったらすぐに医師処方の葛根湯を飲むのですが、あ、これは風邪かなぁ、と思ったら市販薬でも良いですが、やはりすぐに病院へ行った方が治りは早いと思いました。
 まぁ、本当は耳鼻咽喉科へ行くのが一番良いんでしょうけれども、あそこって混んでない日が無いですもんね……(かかり付け医は近所で、だいたいそんなに混んでない上、欲しい薬をくれるので便利なんです(笑))

 今週中に、離れへの引っ越しを完了させる気満々だったのに、まさか自分が風邪を引くなんて……!!
 と少々意気消沈している私ですが、ともかく早く風邪を治そうとおもいます!

 でないと病人大嫌いな母(病人の看病なんてしないし、私が具合悪そうにしてると露骨に嫌な顔をし、罵倒し、余計に八つ当たりしたりキツい態度を取ってくる不機嫌大魔王)に、昨晩以上の異常な行動をとられかねないので……ひぇええ!

Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

クラウドワークスでやっと千円稼いだと思ったら…


 私はテレビ東京の「カンブリア宮殿」や「日経スペシャル ガイアの夜明け」などで、クラウドワークスという会社を知ったのですが、一年三か月前に登録して、やっと、ようやく1,298円稼ぎました(笑)

 とは言え、登録していた一年二ヶ月は懸賞感覚でキャッチコピーに応募していただけで、サイトの使い方自体よく分かっておらず、サイト自体もやたら重たいので、たまにしか行ってませんでした。

 クラウドワークスに登録し、在宅ワークをすれば、月に2,3万円は稼げる、もっと頑張れば月収五万円以上! プロになるともっと稼げる、という触れ込みを信じた訳ですが、ビックリするくらい稼げません(笑)
 引っ込み思案な性格と、慎重すぎて石橋を叩き過ぎて渡らない性格もありますけれども、クラウドワークスに出ている華やかな仕事は大抵特殊なスキルが必要で、私は絵を描く事も出来なければ、ウェブの特殊な技能も持っておらず、Wordpress(ワードプレス)の事も何だコレ、という能の無さです。勿論、最初からこの手の大口は弾いて考えていました。

 とりあえず入力業務をゲットできれば、少しは稼げるんじゃないか、という淡い思いを抱いてクラウドワークスに登録したのですけれども……んん? どうやって探せばいいの? これ安心な会社なの?! (; ̄ー ̄)...ン?
 という感じでした。

 テレビで観たクラウドワーカーさんは、既にいくつも仕事をこなしているベテラン主婦で、企業から声が掛かって入力の仕事をされているようでした。子育てしながら在宅ワークをゲットするフットワークの軽さ、凄いです。
 ですが、クラウドワークスで募集されている入力業務の条件が結構厳しかったり怪しかったりして、結局スルー。
 というか、クラウドワークスってちょっと使い辛いんですよね。表示されるの遅いし重いし、検索も手間だし、中には本当にアヤシイ募集もチラホラ入ってるし……。(そう言うのは見逃せないタチなので、一応ワンクリック報告してますが)
 という訳で、登録後すぐに冷めてしまった私は、それから一年以上ずっとログインしないまま放置していました。

 が、先月の「ガイヤ…」でまたクラウドワークスが(名前を出さず、副業している人の画面を見せるという手法で)出ていたので、ふと思い出してもう一度チャレンジしてみることに。
 
 改めてログインしてサイトを色々巡ってみると、造りは前と変化はないんですが、私自身が検索をかなり疎かにしていたんだな、という事には気づきました。
 とはいえ、ビビりな私。記事を書く、などの本格的な仕事には手を出せず、アンケートなどで小銭(十円単位)を稼いで二週間。ようやく1,298円が貯まった訳です(笑)

 ところが……。
 メールにお知らせがきましたよ。入金のお知らせが。
 ここで、アッと思いました。クラウドワークスは、システム利⽤料を20%も取られるのに、別途振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)まで取られるんです!!!

 私は「随時出金方式(標準設定)」を設定していましたので、千円ちょっとしか稼いでないのに、500円の振込手数料を取られる訳です

 しまった〜〜〜!!!<(ToT)>

 ……仕方ありません。十円単位で積み重ねてきた私ですが、もう後の祭りです。
 設定を「キャリーオーバー方式」(未出金の報酬の額に関わらず、本方式を選択している限り自動的に次回以降に出金が繰り延べる)に変更しました。

 小学生のお小遣い程度にも稼げていません。(;´д`)トホホ
 でも、もう少し頑張ってみます……。



Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

慢性活動性EBウイルス感染症を疑っています。

<参照URL>
 ■日本の声優・松来未祐さんの命を奪った「慢性活動性EBウイルス感染症」のことをもっと知ってもらいたい【台湾人の反応】|kaola.jp

 ■【恐怖】EBウィルス感染症の脅威 |NAVER まとめ

 ■「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV) 」で亡くなった松来未祐さん〜病床からの願い|健康・医療情報でQOLを高める〜|ヘルスプレス-HEALTH PRESS

 私はもう何年も体調不良です。
 毎日が倦怠感の連続で、体温の調節も上手く出来ず、今の季節でも真冬の布団のまま、電気毛布を点けて寝ています。(暑いと足だけは出してたりしますが背中が寒くて)
 高熱が出る事は滅多にないのですが、37度前後になるともうフラフラします。37.5度にもなると寝込んでしまいます。つまり体温が低いので、私にとっての高熱は37.5度以上かなと考えています。

 EBウイルスについて知ったのは、上記リンクの一番上の記事を読んだ時でした。
 失礼ながら女性声優さんについては存じ上げませんでしたが、そういえばこういったニュース記事を以前に読んだな、というくらいの軽い感覚で上記URLをタップしました。(スマホ)
 流し読みをする中で、自分の症状とはちょっと違うな、と思いつつも、ちょっと気になるところもありまして。
 というのも、私も過去に原因不明の熱を出したり、体中にヘルペスのような湿疹が出たり、体調がとりあえず回復するのに一ヶ月以上かかったり、今でも皮膚疾患というか、突然の発疹(ヘルペス状というより赤い単体の湿疹)に困っていたり、寒気や慢性的な倦怠感に悩んでいる事から、「これはもしかして関係あるのかも……」と疑うようになりました。

 それで、まずはEBウィルス感染症を調べてみましたが、これは治療法が無くて自然治癒を待つしかないとか……。私がやっていた方法そのままです。とにかく我慢して我慢してやり過ごす。辛い症状の時は、毎日仕事へ行くのが本当に地獄でした。だから今まさに無職なのですが(笑)

 この記事を書いている今も、慢性的な疲労感、倦怠感に侵されています。起きる時の辛さ、顔や体に出る発疹や痒み、突然口腔内に起きるヘルペスのような口内炎(単体)、目の腫れや痒みにより抗菌目薬は欠かせません。

 私の体、体調が本格的にオカシイなと思ったのが、2009年で、この頃仕事を辞めています。(小規模部内変革みたいな形で私のポスト自体が閉鎖されてリストラ。このストレスのせいか、辞める直前の3月中は発熱や下痢、湿疹等の体調不良のピークでした)
 この時、左の二の腕を見た時、小さな赤いほくろのような点々が幾つか浮かんでいて、それが日々増えていくといった感じでした。それと同時に爪の変形(弱体化)にも悩まされるようになって行きました。
 これはオカシイと思い、病院へも行って血液検査等しましたが特に見つからず……。

 体調不良が続く中、身体のどこがオカシイのかと考えていた時に、体調不良に共通する病気の原因が「血液」にあるのではないかと考えるようになりました。
 2007年に父が血液の癌になり、長期入院をしていたものの、この時は奇跡的に一命を取り留めて家にいる時期でした。

 しかし2011年に父が再び血液の癌にかかり(病名はあえて明かしませんが違う癌です)、翌年には母の悪性リンパ腫が判明します。
 残念ながら、父は亡くなりましたが、母は末期に近かったというのに奇跡的に助かり、現在も元気でいます。先日も定期検診へ行ってきましたが、先生に「あの頃同じ癌で入院していた人の中で、生き残ったのはアナタだけだよ。希望の星だね」と言われたそうです(笑)

 とにかくウチはガン家系で、兄も血液の癌をやっています。
 ここまで来ると、慢性活動性EBウイルス感染症を疑っておいて損はないのでは……と、ググッている内に思うようになりました。

 若いころから体調不良に悩まされてきましたが、ここ十年は旅行どころか外出する気すらせず、殆ど引きこもりです。
 母には、「アンタ、昔は海外旅行が好きだったのに。ちょっとは外へ出て行ったら」と言われるくらい引きこもっています。だって怠くて出掛ける気になれなくて……。(体中痛かったりもする)

 一時期は、慢性疲労症候群を疑っていた事もありましたが、

激烈な症状をきたさず、慢性的な倦怠感などで現れることもあり、慢性疲労症候群と呼ばれている疾患概念の中にCAEBVの一部が含まれていることも明らかとなっている。
 ※引用元:(【恐怖】EBウィルス感染症の脅威 |NAVER まとめ


 というのを読んでから、慢性活動性EBウイルス感染症のほうが自分の症状に近い気がしています。
 今日は行きつけの町医者が午後休なので、明日以降に血液検査をお願いして観ようかと……でも行くのが面倒臭恐かったりします。

 中村獅童さんの早期肺がん発見の発表もありましたし、数年来の体調不良に悩んでいる私は手遅れかも知れないと思いつつ、とりあえず検査しないとな、と思っています。

Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

国土地理院のHPが凄く見辛い

<参照URL>
 ◆国土地理院: GSI HOME PAGE

 先日のNHKスペシャルで放映されていた「大地震 あなたの家はどうなる? 〜見えてきた“地盤リスク”〜 」という番組を母が観たらしく、我が家の周辺は大丈夫か、という話になりました。
 というのも、ド田舎にある我が家は先祖伝来の土地ではなく、昭和五十年代に越してきた土地であり、しかも父母共にこの地方出身ではない為、今住んでいる土地がどういった土地なのか分からないのです。
 しかも、現在の住所の表記には池や沼を連想させる地域名は入っていませんが、登記上の正式な土地名を見ると、“池”という文字が入っています。
 詳細は分かりませんが、どうやら我が家周辺の土地は、元々は池だったとか沼だったとか言われていたらしく……、だから、土地名の最後に“池”の表記が残っているようなのです。

 と言っても、これも人から聞いたあやふやな伝来を元にした話。本当の所は分かっていません。
 それで“気になったら鉄砲玉”の母は、放映された翌日、早速役所へ行って聞いてきたようです。
 が……職員も「分からない」との事で、「国土地理院のHPを見てくれ」と言われたそうです。
 何だそれ?!工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 勿論、母はインターネットなど使えませんので私の出番です。
 行ってみました、国土地理院HP!! (; ̄ー ̄)...ン?
 ……。
 ……。
 ……。
 何だコレ、分かり辛っ!!!???

 とりあえず、右上の検索で地域名を入れると、幾つかヒットはするのですが、公共測量の結果情報ばっかりです。
 防災や地震関連を見ても、大まかな事というか……大きな地震関連についてとか、そういった情報しか分かりませんし、とにかく文字ばっかり!!
 私は自分の住む地域の防災マップとか、地殻変動についての情報とかを知りたいのであって、バラバラに配置されている公共測量とか基盤情報とかにたどり着いても、「それじゃない!!」って感じなのです。(しかも、「基盤地図情報とはなんだ?」と別方向の調べが必要になったりしました。)
 
 その途中で気になった「古地図コレクション
 おっ、関係ないかも知れないけど、この地域の古地図とか見れちゃうのかしら?!((o(´∀`)o))ワクワク
 と、胸を躍らせて見に行ったのですが……古地図を収集するなら全国すべての市町村から古地図を提出させて徹底しろよっ!!! と思うような中途半端な情報量。
 しかも、1800年代の古地図が多いようです。もっと広範囲の時代の古地図が観られると思ってました。

 国土地理院のHPを見て思ったのは、とにかく分かり辛い、の一言です。
 ある程度噛み砕いているのだから、これで分かる人だけ分かればいい、と言う感じで、広く門戸を広げるといった感じではないです。
 全体的に、2000年代にHPを作り始めて、その時作ったページを修正しながら寄せ集めたもの、といった感じです。
 痒い所には手が届かないような……。
 良くも悪くもお役所仕事だなぁという印象を持ちました。

 で結局、一時間くらいウロウロしましたが、自分の住む町の防災情報は得られず退散することにしました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 というか、ウチの役所が地域の防災情報を把握して無いってどういうことよ……。


Posted by junk
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/9PAGES | >>
Categories
Archive
Search
★ ランキング ★









★ 楽 旅 ★