JUNK LOG

アニメ・BL・動画・読書記・美肌考など

【嵐CD・DVD サーチ 全面表示】

嵐 CD・DVD特集  / 防災グッズストア  / Amazon ベビー服SALE  / BL検索(コミック・ノベル)

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スレまとめ「男の娘とガチで付き合ってるが…」ほか | main | カカオ50パーセント以上のチョコようやく見付けた! >>

一昔前のBLにツッコミが止まらない

  

 ここ数日、一昔前のBLを少し読み返していたのですが、たった十年そこそこでこんなにも違うというか……古臭く感じるものなのか、とビックリしました(笑)
 一番時代を感じるのが髪型と服装と……携帯! です!!
 二千年代の初めの漫画でも折り畳み以前の携帯とか出てきて、\(・o・)/ワア〜とか思ってしまいます。
 振り返ってみると自分もこの頃はこういうガラケーだったんですけどね。

 この頃の特徴として、やたらロン毛が多いというのはマンガなのでまぁ良いとして。
 内容自体にツッコみどころがあり過ぎるというか……。
 今のBLと共通する点も勿論多いのですが、今よりも主人公が「ワガママなヒステリー女」みたいな「受け」の主人公が多くて(今でもその手の話はありますが)、勝手に嫉妬に狂って馬鹿な真似をやらかした受け(付き合ってない)を心配して攻めが追いかけ、「どうしたんだよ?」「お前があいつらばっか構うから……! お前を好きなのに!」と怒涛の告白後、理解不明のハッピーエンドでキスをして終了パターンとか。
 しかも、1990年代に流行った某少女マンガ家さんの影響を受けたような口の悪い(受けの)キャラクターが多くて、何か読んでてキツイなぁと思ってしまいました。

 可愛いけれど口が悪くて、人の傷つくような事を平気で言ったりやったりしているのに特に謝るでもなく、相手から「誤って!」と言われて、「ああそうだったっけ、ごめーん♪テヘペロ」で済んでいく世界観とか……(しかも結構傷つく暴言を言われた方もそんなに気にして無かったりする)。
 逆に今のBLはお互いがもっと臆病で慎重ですよね。
 ちょっとした強い言葉でも「あ……どうしよう、言い過ぎた。ごっ、ごめん! 今のは……!」とか、「大声だしてゴメン」っていう描写がよくあるんですが、「えっ? これで言い過ぎ?!」「大声出してゴメン?!」と思ってしまう私はアラフォーババアです……。

 1980年代から1990年代まで漫画が大好きで読み漁っていた世代ですので、昔の漫画の登場人物の押しの強さとか、たくましさ、狡さ、といった物を当たり前のように見てきた私には、今のBLはお互いの距離を推し量って、慮って、なかなか踏み出せずにウロウロして、結局攻めが(もしくは受けが)告白するパターンの多さは少し気になります。
 とはいえ、段々過激になって行ったBL界においては、エロが正義のように使われることが多くて、気持ちを伝えてないのにいきなり強制わいせつやら強制性交等罪に持ち込むBLの多さにもビックリします。
 つまり、少し前までのBLは、突っ込みどころ満載ながらも、行動やら言葉やらを重ねて突っ走るケースが多いのですが、近年のBLは、言葉を尽くさずにいきなりわいせつな行為に及んだ後で、「どうしてこんなことを」と問われて「好きだから」と答えたりするか、最初からゲイ同士(もしくは最初からすでにカップル)のBLモノか、言葉や態度で相手にどう思われるか躊躇して最後に爆発するBLか……何というか、愛情表現?が極端な気がするんですよね。
(私の大嫌いなSM・凌辱モノや、エロメインの“感情は二の次”BLは置いときますが)

 話を戻しますが、2003年くらいから2008年くらいのBLを読み返していると、ほんの十年、十五年くらい前の話なのに、公序良俗に反する描写が多くて多くて、規制が沢山入った現在のBL漫画の世界観と全然違う事に驚かされます。
 その分、漫画家さんたちの描きたい事が割と自由に描けた時代だったのかな、とも思います。
 90年代後半〜ミレニアムの頃までは、青少年が飲酒・喫煙をしたり、道交法違反をしたりしていても、「漫画だから」で済んでいた事が多かったと思います。BLが今ほど浸透していない時代だったからこそ、読み手もある程度“教育(調教?)”されている人が多かったというか(笑)

 反対に規制の多い現代のBLでは、例えば18歳未満……というより、10代前半(もっというと少年という年代)の男の子を犯すBLを描きたい! と思う作家さんは、現代ではなく、ファンタジーで描いたりしている気がします。
 少年が意思に反して犯されるBLを描く、という主題の為に、ファンタジーの世界観を作って、少年自身も普通の人間ではない存在にする(特別な力をもっていて犯されるとどうたらとか、半獣とか、魔法使いとか云々)。
 私は少年愛のBLを読むと寒気がするのを通り越して怒りが込み上げて寝られなくなるタイプですので、なるべく、なるべく近づかないようにしているのですが、短編集のひとつに紛れていたり、表紙や試し読み分では分からなかったりすると、つい地雷を踏んでしまいます。
 読んでしまった後で、「あの作者……あの世界観が作れるなら、わざわざ10歳の少年(娼婦として扱われ犯される)を主人公にしなくとも、十代半ば過ぎの少女で良かったんじゃないの……性癖ダダ漏れじゃないのアレ……」と悶々とすることも多々あります(笑) あ、いえ、少女が犯されれば良い、という意味ではないのですが、その後の恋愛模様(大の大人が少年を取り合う地獄)を考えるとこういうのは男女でやってくれよ……と思う方なので……。

 色々書きましたが、ちょっと前のBL探索、もう少し続けてみようと思います(笑)


 ※書きそびれていた箇所を少しだけ加筆修正しました。(8/15)

  
Posted by junk
Category : BL(ボーイズラブ)本など
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
Categories
Archive
Search
★ ランキング ★






★ 楽 旅 ★